CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES





デジカメプリントを
今すぐネットで注文

Amazon
あき

三越渓谷(那智勝浦町)

 もう11月。この南紀にも秋は来る。来るがゆっくりゆっくりだ。
樫原から三越(みこし)へは幾つもの山を超え何度も何度も沢を横切り、やっとたどり着く。山深い渓谷でさえ秋の訪れはおそい。山もみじで渓谷が赤く染まるのは
11月下旬から12月にかけてだ。
 夜明け前から出かけ渓谷に着くころには、渓谷にも光が射しはじめた。
まだ弱い光が岩肌を色とりどりにかえて秋の訪れを伝えてくれる。
 
 久しぶりの三越はいつも通りの表情で優しく迎えてくれた。
 
| 写真家ブログ | 17:49 | comments(1) | trackbacks(0) |
流れに生きて

那智小葉大文字草

 秋の始まり 大文字草の花が咲乱れる季節。

つかのまの陽射しをうけて かがやく大文字草。

大文字草のむこうには名もなき小さな小さな滝が見守っていた。


那智小葉大文字草

 あしたが よい日でありますように

 おやすみなさい

 
| 写真家ブログ | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
ずっと


たった ひとつのゆめと
たった ひとつのみちと
たった ひとつのみちすじを

これからも感じながら・・・
| 写真家ブログ | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
いつの日か


アケボノ草

 那智勝浦から車で串本方面へ向い、太地を過ぎ42号線から市屋交差点を右折して10分ほどで太田に着く。そこから県道45号線を5分ほど走ると出合橋が見えてくる。右へ行けば円満地公園から色川へ。左へ行けば5分で小匠の集落が見えてくる。ん?あれ〜!今日は地理の勉強かい!

 この写真は以前、小匠ダムよりさらに上流で撮影したものですが、
当時アケボノ草が無数に生息していて川原がお花畑のように輝いていた。

 川面ぎりぎりに咲くアケボノ草。バックに背景紙があるように思われるかもしれないが、これは緩やかな川面に青空が写りこみ、まるでアケボノ草妖精がポーズをとっているように映えている。

 そして豪雨・・・
 切り取った風景が帰ってきてくれることを願わずにはいられない。






| 写真家ブログ | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
孤高の天才ギターリスト

濱口 祐自

 日本を代表するギターリストである。
和歌山県那智勝浦町の出身で、いまも那智勝浦在住である。

1991~ヨーロッパ(ドイツ スイス オランダ フランス)各地で演奏活動。
2001 全国フインガーピッキングギターコンテスト会場投票第一位
     オーデンエンス賞を受賞。

撮影場所 濱口祐自inスタジオ

 人柄は温厚そのもので、弱い人には優しく間違った事には
強く立ち向かう正義の人。音楽、自身をも究極に追い詰める姿は
この時代に心地よささえも感じられる。

 撮影当日も大好きなワインを鎮座させての演奏となりました。



私の公式サイトにも挿入曲として数曲使わせていただいています。



| 写真家ブログ | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
hana

センブリ 「撮影熊野市 五郷」

 お彼岸も過ぎ、10月に入ってずいぶんと過ごしやすくなってきた。
ちょっと早いがセンブリの花を見つけた。薬草で有名な花だが
花姿も可愛く、見ていてこころが和む。1週間から2週間ほど早いと
思うが、この前の豪雨にビックリして顔を出したのだろうか。


センブリの花 

 センブリの花言葉は調べてみると「はつらつとした美しさ」

はつらつかぁ〜〜はつらつと言うほどに元気なイメージはないけどなぁ〜


センブリの花

  やさしい風にゆらり

 さわやかな風にふらり

 なにも変わっちゃいないのに

 あたたかなぬくもりが 

 いつまでもこころに・・・


| 写真家ブログ | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ある一日

 
じぶんの心はどこにあるんだろう

青い空とウスピンクの花 

遠くに見える山に 

そっと寄り添う白い雲

きっとじぶんの心もおなじところ


 hiro

| 写真家ブログ | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊野川

「熊野川夜明け前」

 静けさの戻った熊野川だが、清流と呼ぶには程遠く濁り、豪雨の凄まじさが、いまだに続いていることに驚かされる。

 被災された方々も、もとの生活とは程遠く、まだまだ時間が必要だろう。
いまは真っ暗なときでも必ず夜明けは来る。

 熊野川が元のきれいな流れにもどり人々の生活も
もとの生活にはやく戻られることを願わずにはいられない。

 

 



 
| 写真家ブログ | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊野川

熊野川河口

 美しき熊野 愛するふるさと。

上流から河口まで甚大な被害をもたらした豪雨。人の思いとは裏腹に自然は動いている。

およそ人が考えた想定の中での防波堤であったり輪中提である。

そこをはるか越えたところに自然はある。
| 写真家ブログ | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
くまかん軌道とソバの花

 「朝霧」

 随分とご無沙汰しています。豪雨と台風被害が心配でくまかんさん大丈夫かなってブログをのぞかせていただきました。元気そうな様子にほっとしました。また会えるのが楽しみです!
| 写真家ブログ | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/8PAGES | >>