CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES





デジカメプリントを
今すぐネットで注文

Amazon
<< 神内神社(こうのうちじんじゃ) | main | 梅の花 >>
小春日和
 今日は天気も好いみたいだし、ブラブラ出かける事にした。

 別に行くあてもないのだが、何も考えないで家を出た。
 行くあてはなくても、ハンドルは自然と里山の方向へ向いている。農道は車も少ないので、ゆっくり走る。後ろから車が追いついてくれば、どうぞどうぞ!と先に行ってもらう。里山を走るのは、これが一番気持ち良い。

 それにしても好い天気だ!いつの間にか風伝から紀和町に着いていた。
 板屋を通り楊枝川に抜けようか、それとも竹筒を抜けて168号線に出ようか、う〜〜〜ん!そうこう考えているうちに木津呂という標識を見つけ、そっちへ行く事にした。

 道は細くクネクネと進んでいると、川が大きく曲がっているところに出た。車を止め景色を楽しむにはもってこいの場所だ。川の方をみると、左のほうからジェット船が来るではないか。それもスピードがハンパなく速い!カメラを大慌てで取り出そうとするが、間に合うかなぁ〜〜〜って!
 まぁ〜後の祭りです。

     
 
 その後、木津呂の集落へ入りノンビリ走っていると、夏みかんだろうか?甘夏だろうか?とにかく見事に実っている。あまりの見事さに5分は身動きもせず見とれていました。


 木津呂には、下瀞キャンプ村がある。開設は7月1日〜9月30日までで、今は静かな里山である。
帰りは、入鹿から千枚田を抜け帰途に着きました。

 葉っぱは、帰りに立ち寄った入鹿八幡宮にて。



 小春日和と呼ぶには、少し寒かったのですが、明るい日差しを浴びていると、肌にも心にも暖かいものが感じられ、確実に春が近づいているんだなと実感した一日でした。

 仕事柄、よく冷たい水につかりながら、撮影を行うことがありますが、そういった撮影をしながら、水や風の微妙な温度の違いに季節の移り変わる様や、大地の力を感じるとき、自然の姿を撮り続けたいと思う瞬間でもあります。
| 写真家ブログ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック