CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES





デジカメプリントを
今すぐネットで注文

Amazon
<< JAZZ | main | 小春日和 >>
神内神社(こうのうちじんじゃ)
 先日、くまかんさんのブログを拝見していたら神内神社のことが出ていたので、私も久しぶりに出掛けてみました。
 
 県道141号線を鵜殿から田代公園の方向に車を走らせると、神社への入り口が見えてくる。そこから右手の山の方に突然岩倉が現われる。いままで何気無く見ていたせいか、ウサギに似ているなんて考えもしなかったけれど、くまかんさんのウサギに似ているという言葉通り、うん!ウサギじゃ〜〜〜とつぶやいていた。
 
 この地に(イザナギノミコトとイザナミノミコト)が舞い降りたということで、この岩倉そのものが社殿ですから、この岩倉に名前は無いように思われます。
 
 この神社は、鳥居に足を一歩踏み入れたその時から、何かピーンと張り詰めた空気が漂う。観光化されず、ただ地元の人たちが願いを込め、長年に渡り整備し掃除を欠かさずおこなって来た気持ちが伝わってくる。
 
 奥には、新しく立派な社殿が建てられていて、その横には大楠があり、いっそう雰囲気を盛り立てている。残念な事に去年の台風で大きな枝が途中から折れて、無残な姿になっていた。しかし、社殿をさけて倒れているのが不思議な事です。

     

     

 この神社の狛犬の表情は右側が厳しく左側は優しい。厳しいと言っても、どこか間が抜けていて、とても愛嬌がある。いつまでも眺めていたい気持ちにさせてくれる。

 そして、手を清める竜神様は、どこの竜神様よりも迫力はピカイチなんです!
    

 狛犬も竜神様もこの神社から感じられる独特の雰囲気に一役買っているのですが、神社に入るとすぐに目に入ってくる吊り灯篭も、陽の光を浴びて怪しげな光を放ち、何か不思議なオーラが!
    
 ご神体は、子宝の神でもあるそうです。
 おそい初詣になりましたが、私には、ご利益はなさそうです! 
| 写真家ブログ | 22:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
芝地様、本日は大変お世話になり、ありがとうございました。
あれから神内神社に行って、しばし自然を楽しんで参りました。

今後も素敵な作品を楽しみにしています。
今後共、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
| mikumano | 2010/01/28 10:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック