CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES





デジカメプリントを
今すぐネットで注文

Amazon
<< ん?靴? | main | 仲良し >>
トッポジージョ
 今、私の住んでいるところは、少し高台になっていて周りを雑木に囲まれているせいなのか、吹く風も爽やかで、今まで経験したことのない快適な夏を過ごせた。

 当然セミの大合唱は覚悟していたが、それ程でもなかった。
 少し前からセミの鳴き声もツクツクボウシの声が勢いを増してきている。聞く気がなくても自然と耳に入ってくる。何気に聞いているうちに、ここのツクツクボウシはツクツクボウシと鳴いていないことに気が付いた。聞き耳を立てる
 私の耳にはトッポジージョ〜トッポジージョ〜、ツクツクツクツクツクと聞こえるのです。多分私にだけ、そう聞こえるのかもしれませんが、何度聞いてもトッポジージョとしか聞こえない。そのことに気が付いてから、何かツクツクボウシが話し相手にでもなったかのような気がしてきて、
 ひょっとしてお前は新種のセミかぁ〜〜!
 その名を「トッポジージョ」と名付けよう!
なぁ〜〜んて話しかけている。楽しい

 ところで、この写真は、いま野山で盛んに咲いているクサギ(臭木)の実です。



 この木は花も終わり、実だけになっていますが、クサギの花は別に臭くもなく、ほんのりあまい香りがします。しかし葉を千切ったり枝を折ったりするとイャ〜な臭いがします。朝露に光るこの姿を見て岡本太郎画伯の太陽の塔を思い出してしまった。
 似ていませんか?たらーっ

 もう一枚は小さな沢を撮った後の帰り道、沢の入り口近くの岩陰から私の足音に驚いたのか、カエルがピョーンと飛び出してきた。 



 よく見ると、このカエルちゃん、色が金色だぁ〜〜〜ってことで記念撮影です!なんてカエルか名前は分らないが、なんか有難そうなカエルくんだチョキ

 なんか良いことでも起きそうだなぁ〜!
| 写真家ブログ | 22:16 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
東京のツクツクちゃんも、そんな感じ。
今日はちょっと上手にないてたけど、
はじめはゆっくりで徐々に早口になって
それ以上早くなけん!というところで
またゆっくりになって、を繰り返していたよ。

カエルも立派に絵になるもんですなあ。
| よ。 | 2009/09/08 10:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック